ホームページ・トップ > ブログ・トップ >  ダイレクトメール(DM)  > DMには基本構成がある。基本構成を知らなければ成功はない

DMには基本構成がある。基本構成を知らなければ成功はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトメールの中には様々なものが入っています。

この中には、DMの目的を達成するために最低限必要なものが
4つあります。

①封筒
DMを相手に届けうための入れ物であると同時に、捨てられるか

どうかを真っ先にきめられる、いわばDMの顔です。futo.jpg

②レター
相手にメッセージを伝えるためのものです。疎かにされがちですが
実は最も重要なものです。

letter2.jpg

③パンフレット(案内)
商品やサービスの内容を説明し、その魅力を理解してもらい
購入してもらうために、コピーやデザインを駆使して作成
されたものです。

panfu.jpg

④申込書
必要事項を記入してもらうと同時に、注文書にもなるものです。
送り返してもらうために、ハガキ形式と返信用封筒形式の2つ
があります。これなしで、注文が入ってくることはありません。

mousikomi.jpg

以上がDMの基本構成です。


余談ですが、封筒はどんな感じがいいと思いますか。

開封率を上げる」でもいいましたが、自分が捨てない封筒を
イメージしてください。

その中でも、絶対に捨てないのが役所からの封筒です。

zeimufuto.jpg

ということは、これを真似ればいいのです。
いかにもDMらしいカラフルな封筒は、開封もされず捨てられる
可能性が高いのです。

公的な感じにするなら、『重要』というスタンプを押しただけの
封筒の方が開封率が高まります。


これ以外にもDMの中に入っている特典を、一部をほのめかしたり、
ボールペンや鉛筆など厚みのある小道具をいれるのも開封率が
高まります。

すぐに開けられるような工夫も必要です。封筒の端にミシン目を
入れ、「ここから開けてください」とメッセージを入れるだけでも
開封率はアップします。

アクションコピーといって、行動を促すためのコピー、例えば、
締切日を明示して、今すぐ中をご覧くださいとコピーを添える
だけでもアップします。

封筒は、開封してもらう第一次通過点です。

様々な工夫を凝らしてください。

前の事例 ⇔ 次の事例

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニュースレター」を分かりやすく解説したガイドブック

新規客ばかりを追いかけて売上に困っておられませんでしょうか?

このガイドブックは、リピート客を増やして売上をアップさせる 「ニュースレター」を分かりやすく解説しています。

ブログの購読はFacebookページが便利です。

Facebookで「いいね!」をすることで、最新ニュースレター情報をいち早く手にする事ができます。今すぐ下のボタンをクリック!

ニュースレターガイドブック無料プレゼント

わたくし自身が、実際にやってみて効果のあった方法を、皆さんにおすすめしています。低価格ではじめるのもそのためです。

プロフィールはこちらです

地下鉄四つ橋線「本町駅」下車、徒歩3分です。ただ、本町駅は横に広いので、御堂筋線の出口からでは遠いです。お電話ください。くわしい道をお伝えいたします。

株式会社マインドアイ
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町1-18-12
TEL:06-6444-8360
FAX:06-6444-8380

受付時間:10:00-19:00
定休日:土日祝