ホームページ・トップ > ブログ・トップ >  新規客獲得ツール  > 店頭看板は、集客を左右するほど大切。まずは、目だ立たせることが先決

店頭看板は、集客を左右するほど大切。まずは、目だ立たせることが先決

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、一番大切な看板は何だと思いますか。
そうです。
店頭の看板です。

himono.jpg

この看板が印象に残るかどうかで集客の良し悪しが決まるといっても過言ではありません。伝える内容は、何屋か瞬時に解ることです。(知名度を上げる場合は別)

上記の写真を見てください。

見た瞬間に何屋さんかわかりますよね。それにインパクトがあります。

大阪でこの手の有名な看板は「カニ道楽」

kanidouraku.jpg

この2つの例からも解るように、店頭の看板は集客にはとても大切なのです。

売っているものが解らない看板

一方、下記の写真を見てください。

meneukanban.jpg

「どん底」だけでは、何屋かわかりませんが、インパクトがあります。これを補填しているのが、下のメニュー看板です。このような組み合わせは、飲食店ではよく見かけます。

看板の種類

それでは、看板の種類について紹介します。

touya.jpg

道路際や高速道路から見えるように建っている棟屋看板。ビルなどの建物の上に立っています。多くの場合は建物オーナー様との直接交渉になります。目的は、商品や社名の認知度を上げるためです。

nodate.jpg

道路際や電車などから見える、空き地に立っている野立て看板。目的は棟屋看板と同じです。ただ、道案内的に使われる例も少なくありません。交渉は土地オーナー様とになります。

ekikanban.jpg ekikanban2.jpg ekikanban3.jpg

意外と忘れられているのが、駅の看板です。

駅のホームや構内に設置してあるのを毎日のように見ていますよね。ほとんどは認知度を上げるためと、場所を知らせることを目的にしています。「〇〇線 看板」と検索すれば依頼する業者が出てきます。

看板の用途はこれ以外にもたくさんありますが、集客に使用されるのは、店頭・棟屋・野立て・駅ホームの看板です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニュースレター」を分かりやすく解説したガイドブック

新規客ばかりを追いかけて売上に困っておられませんでしょうか?

このガイドブックは、リピート客を増やして売上をアップさせる 「ニュースレター」を分かりやすく解説しています。

ブログの購読はFacebookページが便利です。

Facebookで「いいね!」をすることで、最新ニュースレター情報をいち早く手にする事ができます。今すぐ下のボタンをクリック!

ニュースレターガイドブック無料プレゼント

わたくし自身が、実際にやってみて効果のあった方法を、皆さんにおすすめしています。低価格ではじめるのもそのためです。

プロフィールはこちらです

地下鉄四つ橋線「本町駅」下車、徒歩3分です。ただ、本町駅は横に広いので、御堂筋線の出口からでは遠いです。お電話ください。くわしい道をお伝えいたします。

株式会社マインドアイ
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町1-18-12
TEL:06-6444-8360
FAX:06-6444-8380

受付時間:10:00-19:00
定休日:土日祝