ホームページ・トップ > ブログ・トップ >  よくある質問  > 郵送費がかかりすぎるので、ニュースレターの郵送数を減らしてよいですか?

郵送費がかかりすぎるので、ニュースレターの郵送数を減らしてよいですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

費用対効果が合わない場合は、郵送数を減らすのも仕方ありません。利益がトントンもしくは上回る場合は、減らさずに現状維持か増やしても問題はありません。

トントンの場合でも、紹介客が増えたりして、2次的要因が発生してきますので、できれば続けることをお勧めします。

郵送費の前に削減できるものはありませんか。

ニュースレターは既存客(OB客)とお店をつなぐ主要ツールです。できれば、全てのお客様に送付した方が良いでしょう

例えば、1000件送っていたのを400件に減らすとした場合の差額は、48000円です。この金額を他の経費を減らすことによって捻出できないでしょうか。

光熱費(無駄な電気は消す)、通信費(無駄な長話はしない)、交通費(車から電車へと移動手段を変える)、家賃(大家と賃下げを交渉する)、交際費(無駄な食事をなくす)など、少しずつムダを無くすと郵送費は捻出できるようになります。

何といっても大切なのは既存客です。繋がりを作るための費用の捻出を考えたいですね。

PAK86_atamakakaerujyosei20140125500-thumb-500xauto-4730.jpg
経費使いすぎた!

ニュースレターのWEB版と活用する

郵送数が多いあるいは利益が出ない場合は、WEB版の利用をおすすめします。郵送数を減らした数に対してWEB版を使えば送付コストがなくなります。もっと言えば、何十万件に送っても送料はかからないということです。

「それならば、現状のニュースレターをメールで送ったらいいのでは」と思われるかもしれませんが、画面上では読みにくいので開いてくれたとしても、すぐに閉じてしまって読んでくれません。特に、最近ではスマホが普及し、スマホ対応でないホームページの直帰率も上がってきているのが現状です。

その点、WEB版であれば、スマホにも対応していますので無理なく読んでいただけると思います。

ただし、全てのお客様をWEB版に変えるのではなく、特別感を持ち続けていただくために、上位2割のお客様には郵送で送る方が望ましいです。

ニュースレターの送り方を工夫する

ニュースレターの送り方を工夫するのも効果的なやり方です。

まず、お客様リストを分割します。上位から2割のお客様、3~5割のお客様、6~8割のお客様、残り2割のお客様と分類します。

上位2割には毎月、3~5割は隔月、6~8割は3ヶ月に1度、残り2割は4ヶ月に1度というようにすれば、既存客との接点も保て郵送費も削減することができます。

しかし、郵送費削減ばかりに気を取られず、ニュースレターを使って売上・利益を出すためにどうしたらいいのか、いろいろと試して下さい。

まとめ

ニュースレターは、出さないよりも出すほうが良いでしょう。郵送費の負担を感じるのであれば、郵送費以外にコスト削減できるものはないか考えましょう。

コスト削減できないとなれば送り方を工夫するというように、できるだけ既存客との接点は保つようにしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニュースレター」を分かりやすく解説したガイドブック

新規客ばかりを追いかけて売上に困っておられませんでしょうか?

このガイドブックは、リピート客を増やして売上をアップさせる 「ニュースレター」を分かりやすく解説しています。

ブログの購読はFacebookページが便利です。

Facebookで「いいね!」をすることで、最新ニュースレター情報をいち早く手にする事ができます。今すぐ下のボタンをクリック!

ニュースレターガイドブック無料プレゼント

わたくし自身が、実際にやってみて効果のあった方法を、皆さんにおすすめしています。低価格ではじめるのもそのためです。

プロフィールはこちらです

地下鉄四つ橋線「本町駅」下車、徒歩3分です。ただ、本町駅は横に広いので、御堂筋線の出口からでは遠いです。お電話ください。くわしい道をお伝えいたします。

株式会社マインドアイ
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町1-18-12
TEL:06-6444-8360
FAX:06-6444-8380

受付時間:10:00-19:00
定休日:土日祝