ホームページ・トップ > ブログ・トップ >  ダイレクトメール(DM)  > ダイレクトメールのデザインはタイプでさぐる

ダイレクトメールのデザインはタイプでさぐる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトメールのデザインは様々ですね。手紙タイプ、カタログタイプ、案内状タイプが多いようです。

どのタイプを選ぶかは、その時に販売する商品によって異なりますが、それ単体だけでは、すべてを伝えることはできませんので注意してください。

手紙タイプ

手紙を利用する場合は、商品がイメージできるもので、かつ、長い説明が必要なものです。

長い説明が必要になるのは、住宅や自動車など高額商品の場合がほとんどです。なぜなら、機能が多いからです。住宅の場合なら、

  • ・なぜ、この場所なのか
  • ・なぜ、この仕様なのか
  • ・なぜ、この販売価格になるのか

ということを、説明していくと、設備などの仕様や間取りにも触れることになるので、必然的に長い説明が必要になります。

この際に、注意すべきことは3つです。

一つ目は、デザインです。手紙タイプの場合は、ほとんど文字で構成されていますので、まず、読みやすさが必要です。文字がぎっしり詰まって読みにくい時点で、ゴミ箱に直行になってしまいます。

二つ目は、太字や色文字の使い方です。太字や色文字は強調のためだけに使うのではありません。

太字や色文字を追うだけでも、レターに書かれている意味が解るようにしなければいけません。とかく忙しい現代人、長い説明をゆっくりと読んでいる時間がない人も多いのです。

そのような人のために、かいつまんで意味が解るように太字や色文字を上手にいましょう。

三つ目は、興味を惹きつけることです。これが一番難しいのですが、事前に話の順序を組み立て、どのように話せば、お客様が興味を持ってくれるのかを熟考してください。

このストーリーができるとできないのとでは、反響は大きく変わります。

カタログタイプ

カタログタイプの場合は「絵」として、商品を見せなければ解らないものです。時計や貴金属の場合、それ自体はどんなものか誰でも知っています。しかし、どんな商品か具体的にイメージすることはできません。

10万円の時計と50万円の時計では、言葉で伝えることは難しいですが、「絵」として見せながら、商品や機能を説明すると比較することもでき、お客様は納得することができます。

だから、商品を見せるためのカタログが必要になるのです。ただし、普通の商品カタログではなく、一点一点お客様がその商品を使用しているときのことをイメージさせることが大切です。

YMD93_mugiwaraboutoumi500-thumb-750x500-3781.jpg
砂浜で読んで欲しいカタログをイメージ。

案内状タイプ

展示会や即売会に使われるダイレクトメールです。このタイプは、売り込みに使うのではなく、誘導や来店促進に使うことがほとんどです。

展示会の案内やバーゲンの案内を貰ったことがあると思いますが、これが案内状タイプのダイレクトメールです。興味を惹きつけるために「全品〇%OFF」というような抽象的なことは書かれていますが、何がいくらというような具体的なことは書かれていません。

主には、期間、営業時間、地図が解るようになっていればいいのです。

まとめ

ダイレクトメールのデザインはいろんなものがありますが、用途や商品に合わせて使い分けることが必要です。しかし、形状が主ではなく、あくまでも内容が主です。内容が伴わないものであれば、お客様は反応してくれません

そのためには、どのようなものを、どのような形で販売するのかを十分に練らなければ、よいダイレクトメールを作ることはできません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニュースレター」を分かりやすく解説したガイドブック

新規客ばかりを追いかけて売上に困っておられませんでしょうか?

このガイドブックは、リピート客を増やして売上をアップさせる 「ニュースレター」を分かりやすく解説しています。

ブログの購読はFacebookページが便利です。

Facebookで「いいね!」をすることで、最新ニュースレター情報をいち早く手にする事ができます。今すぐ下のボタンをクリック!

ニュースレターガイドブック無料プレゼント

わたくし自身が、実際にやってみて効果のあった方法を、皆さんにおすすめしています。低価格ではじめるのもそのためです。

プロフィールはこちらです

地下鉄四つ橋線「本町駅」下車、徒歩3分です。ただ、本町駅は横に広いので、御堂筋線の出口からでは遠いです。お電話ください。くわしい道をお伝えいたします。

株式会社マインドアイ
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町1-18-12
TEL:06-6444-8360
FAX:06-6444-8380

受付時間:10:00-19:00
定休日:土日祝